志あわせについて | お野菜びすとろ 志あわせ

東京都東京都武蔵野市 西久保2-3-15 アリスト2 1F
年中無休

ABOUT US

お野菜びすとろ「志あわせ」について

「志あわせ」では、都会のストアではなかなか手に入らない、新鮮で希少なお野菜を全国の農家から直接仕入れてご提供しております。

お仕事や家事など、普段の生活が忙しいと、お野菜はなかなか摂取しづらいもの・・・。
中々時間がとれず、お野菜の摂取が不足されているなと感じている方は気軽に当店へ立ち寄ってください。和洋の垣根を超えたオリジナルのお野菜料理を楽しんでいただきたいです!


店名について

「お客様に心と身体も健康的に“しあわせ”になっていただきたい。」

お客様にささやかな癒しを届けたいと想い、当店をご用意させて頂きました。

全国の農家さんから分けていただいた美味しいお野菜を味わって頂き、できるだけ多くの方に心も体も「幸せ」になってほしい。
スタッフ一同でささやかな癒しの空間を料理だけでなくお店全体で提供していうくという「志」をかけあわせ、「志あわせ」という店名を名づけました。


看板メニュー「志あわせバーニャカウダ」

ご来店された際は当店の看板料理の「志あわせバーニャカウダ」をぜひ召し上がってください。

季節によって入荷するお野菜が頻繁に変わるので、どのお野菜が盛り付けされているかは来店してからのお楽しみ。ちなみにトマトだけでも、涙型の甘いトマト「スウィーティア」や小ぶりで甘く、適度な酸味が特徴の「ちびまるこ」など年間約40種類ほど使い分けているんです。

特注の器に贅沢に盛りつけられたお野菜はまるで花束のよう。緑、赤、黄、白と彩り豊かなそのビジュアルや、シャキシャキ・パリパリなどの食感など五感でお楽しみいただけるお料理となっております。


「志あわせ」のお野菜料理はたくさんの農家の方に支えられています。

農家の服部さん

写真の服部さんは、私が帰国直後にアルバイトをしていた愛知県丹羽郡大口町の農家さんです。コメの作り方から、お野菜の作り方まで幅広く勉強させていただきました。
基本的なお野菜から、非常にめずらしいお野菜まで季節にもよりますが、15種類ほどのお野菜を仕入れさせていただいております。

海外から種をわざわざ仕入れて、例えば縞模様の入ったゼブラナスなど日本では珍しいお野菜を育ててくれています。 かれこれ、20歳からお世話になっています。

とても若くアメ車好きの服部さんですが、野菜へのこだわりはすばらしく、一つ一つのお野菜をまるで作品かのように育ててらっしゃいます。
こうした野菜への情熱とあたたかみと人情味のある方たちが美味しいお野菜を一品一品手間暇かけて生産してくださいます。
当店ではこのような農家さんからお野菜を分けて頂き、調理して皆様に提供させていただいております。


スタッフ紹介

店長:白川 純也

1986年11月27日 奈良県の生まれ
調理学校エコール辻東京を卒業後、高級懐石料理、カウンター割烹、手打ち蕎麦など和食中心の店で修業し、24歳の若さで吉祥寺の和食野菜レストランで料理長に。

2014年 アレテー株式会社に入社。「お野菜びすとろ 志あわせ」で料理長に就任。翌年より店長に就任。

特技:柔道
趣味:釣り
その溢れる料理センスと巧みな話術、愛らしいキャラクターでお客様を魅了し武蔵野市からも一目置かれている(全て本人による評価です)。


メディア掲載

JR東日本 トレインチャンネル

おとなの週末セレクト 2013年5月号

Hanako 2013年3/14号


店内の様子

志あわせ 店内写真 – Spherical Image – RICOH THETA